不妊治療に鍼灸が効く?

世界中で対外受精により誕生するこどもの割合は「100人に1人」といわれています。

今現在、日本で不妊治療に悩まれている男女は厚生労働省の調べによると約46万人いるそうです。

最近よく、巷で「不妊治療のための鍼灸」という言葉を聞いたりします。

鍼灸というと、細い針をポポン、と人体のツボに刺すことによって
肩こり、腰痛を取り除いたりする東洋医学の治療法の1つです。

肩こりや腰痛持ちさんのためのものだと思っていましたが、
実際に調べてみると色んな効果や効能が期待できるということがわかりました。

例えば、消化不良だったり、身体の冷えの予防、そしてアトピーなどの皮膚炎にも
効果があるというから驚きです。

さて、一体全体、ここで何が不妊治療に関係しているのでしょうか?
気になってそのメカニズムを調べてみました。

どうやら、その効果についても様々な方向性があるということがわかりました。

例えば
・より健康な卵や精子の形成を促す
・卵の正常な着床を促す子宮環境を整える
・流産を防ぐ

などです。

また、口コミを見ていると、確かに効果もありそうなのです。

そして、メリットとして、治療を進める中で、自然と様々な健康問題が解決していき
健康な状態を手に入れることができることがあるそう。

専門医などにかかり、不妊の原因そのものにアプローチするのではなく、
実際の針治療にとって自分自身が心身ともに健康な状態となり、「妊娠しやすい状態」を
作るというすごく自然な、いわゆる「生命力」をアップさせることができる
というのも根強い人気の1つのようです。

また、治療のために病院で薬を飲んだりするのに抵抗があるよ、という方に
とっても、良い対症療法のようです。

確かに、赤ちゃんを授かりたいのに薬をいっぱい飲むってなんだか変な感じもしますよね。

また、不妊の治療は種類や病院によりますが高額な医療費がかかってしまうことも
病院での治療から離れる人達の大きな理由の1つといえます。
対外受精の際には1回の処置で場合によっては30万~50万もかかってしまいます。

これを何度も続けていたら確かに、子供を授かるどころか
生活していくのも大変になる人も少なくないでしょう。

しかし、その点鍼灸は、一度の処置に約3000円で週2回が相場なので、
月の通院にかかる費用は大体約25000円。

「針治療のおかげで妊娠しました!」という前向きな口コミを見ていたら、
確かに手を伸ばしたくなるものかもしれません。

周期別、病院での治療内容別に個人に合わせてけ術を行っている。基礎体温コントロールなどにより卵胞の成熟をコントロールしたり着床しやすくしていきます。年間150人を超える人が妊娠し、48歳の妊娠例や早発閉経と診断された方も妊娠しています。1976年創業の老舗治療院です。年間150人を超える方が妊娠されています。不妊治療の鍼灸ならこちら